スーバーベジタブル“赤ビーツ”

話題のスーパーベジタブル“赤ビーツ”。
古代ローマ人はビートを発熱や便秘などに用いていました。中世からは消化器系、血液系の病を治療するのに用いられ、赤ビーツに多く含まれるカリウムが含まれることからイギリスでは健康によい野菜として知られてきました。
今までは健康野菜として認知されてきた“赤ビーツ”ですが、近年ネヌオー(一酸化窒素)効果が注目を集めています。注目されるきっかけはイグナロ博士、ファーチゴット博士、ムラド博士の3人がNOの研究によりノーベル賞を受賞したことです。

NO効果は健康、美容分野ではもちろん、スポーツの分野でも大いに注目されています。
運動の前に1本お飲み頂くことで今までにないパフォーマンスを得られると多くのトップアスリートが赤ビーツジュースを使用しています。

PICK UP

  • ショットタイプ
  • ジュースタイプ

brand